整骨院や接骨院、治療院の求人票の読み解き方!失敗しない就活
(画像=milatas/stock.adobe.com)

自分に適した就職先を探すためには、求人情報の内容を正しく読み解く力が求められます。たとえば整骨院・接骨院・治療院への就職活動においては、給与では基本給のほかに資格給があるか、全国展開するようなグループ院であれば勤務地の決まり方についてもチェックしておきたいところです。就職活動が始まる前に、一般的な求人票の読み解き方の理解を深めておきましょう。

目次

  1. 就職活動でまずやるべきこと。求人情報をリサーチする
    1. 専門学校のキャリアセンターで求人票をチェック
    2. 専門学校や企業が開催する就職ガイダンスに参加する
    3. 整骨院や接骨院の公式サイト
  2. 求人情報はここをチェック!読み解きポイント
    1. ポイント1:必要資格
    2. ポイント2:雇用形態
    3. ポイント3:勤務地
    4. ポイント4:給与・手当・福利厚生
    5. ポイント5:勤務時間・休日
    6. 求人情報や求人票に書かれていないことも調べよう
  3. 自分にぴったりの整骨院・接骨院を探そう!

就職活動でまずやるべきこと。求人情報をリサーチする

就職活動でまず大切なことは、求人情報の内容を読み説くことです。とくに、初めて就職活動に取り組む場合、書かれている内容をきちんと理解し、ポイントを押さえることで、より自分にあった就職先を見つけることができるでしょう。

求人情報の内容を読み解く前に、求人情報をリサーチする方法をおさらいしておきましょう。整骨院・接骨院・治療院の求人の探し方には、主に4つの方法が考えられます。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

専門学校のキャリアセンターで求人票をチェック

専門学校のキャリアセンターには整骨院・接骨院・治療院側から多くの求人票が送付されているので、在学生や卒業生は学校内の掲示板や就職担当者から紹介される求人票を確認し、応募することができます。学生ならではの特権といえるので、上手に活用したいところです。

専門学校や企業が開催する就職ガイダンスに参加する

専門学校のキャリアセンターでは就職ガイダンスも行われており、そこで施設の情報を得て、施設の見学から就職活動をスタートさせる方法も一般的です。 また、複数の整骨院・接骨院・治療院が参加する就職ガイダンスも定期的に開催されています。 整骨院・接骨院・治療院の人事担当の方と直接話せるので、実際の現場での話などじっくり聞けるチャンスなので就職相談をしたい3年生、早めに情報収集をしたい2年生や1年生も参加してみると良いでしょう。

整骨院や接骨院の公式サイト

整骨院・接骨院・治療院の就職活動では、企業や施設の公式サイトを直接確認してみるのもよいでしょう。専門学校に求人票を送っておらず、求人サイトにも情報を掲載していない施設が、独自に求人募集をしているケースがあります。

ただし、通年募集している中途採用の求人情報では経験者のみを募集している場合があるので注意しましょう。

求人情報はここをチェック!読み解きポイント

ここからは、求人情報の読み解き方を項目ごとにポイント解説していきます。

ポイント1:必要資格

整骨院・接骨院・治療院で働く場合、柔道整復師や鍼灸師の資格が必要となる一方で、地域によっては普通自動車の運転免許が必須であるケースも多く見られます。

比較的時間の融通がきく学生のうちに運転免許を取得しておくとベターです。

ポイント2:雇用形態

雇用形態には、正社員、契約社員、嘱託社員、アルバイトなどがあります。雇用形態にともない福利厚生や雇用契約期間が異なるほか、試用期間が設定されているケースもあるので必ず確認しましょう。

学生の就職活動においては正社員を目指す人がほとんどですが、「時間の融通をきかせてパートタイム(アルバイト)で働きたい」など希望があれば、自身が叶えたい働き方とあわせて検討するとよいでしょう。

ポイント3:勤務地

全国展開している企業の場合、勤務地は「全国店舗より本人と相談の上、決定」「通える範囲で勤務地を設定」などと書かれているケースがあります。

住んでいる地域に店舗があるか、都市部で働きたいのか、勤務地にあわせて引越しできるのかなど、あらかじめ勤務地のイメージをかためてから求人情報を確認するとよいでしょう。

また、勤務地から事業規模を判断することもできます。全国展開の大きな企業で働きたいのか、個人経営など街の接骨院で働きたいのか、合わせて検討してみましょう。

ポイント4:給与・手当・福利厚生

給与には基本給のほか、各種手当の支給条件などが示されています。業務実績に応じた歩合制を採用した給与体系の場合もあります。 また、柔道整復師と鍼灸師の資格を両方保有している場合、基本給とは別に資格給が支給されることも。合わせて賞与は支給されるのか、支給される場合には支給時期や支給額の目安を確認しましょう。

フルタイム(正社員など)で就業する場合には、一般的に社会保険に加入することになりますが、企業によっては医療賠償責任保険や、独立支援制度などを設けているケースもあります。将来的なビジョンがあれば独自の福利厚生や待遇に着目してみるとよいでしょう。

ポイント5:勤務時間・休日

整骨院・接骨院・治療院は施設によって営業時間が異なるので、それにともなう勤務時間もあらかじめ確認しておきましょう。

例えば実働8時間の場合、「勤務時間:10:00〜20:00(休憩2時間)」といったケースも考えられます。あわせて、休日は曜日固定かシフト制なのかといった点や、休暇制度についても確認しておきましょう。

求人情報や求人票に書かれていないことも調べよう

求人情報や求人票に目を通したら、応募施設の公式サイトや口コミサイトなども必ずチェックしたいところです。求人情報や求人票からは伝わってこない「施設の経営理念」や、評判などを知ることができ、応募先を絞る際の判断材料になります。

自分にぴったりの整骨院・接骨院を探そう!

国家試験に合格し、晴れて整骨院や接骨院に勤めるにあたっては、できるだけ自身の思い描く“理想の働き方”に近づきたいものです。

実際に働いてみなければ分からないことはたくさんありますが、求人情報をしっかりと読み解きながら、ちょっとでもよいと思ったら施設見学をしてみましょう。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

【関連記事】
柔道整復師の年収はいくら?
https://jushin-career.jp/archives/5
柔道整復師の就職活動マニュアル
https://jushin-career.jp/archives/17
柔道整復師になるには?この1年でやるべきことを詳しく解説
https://jushin-career.jp/archives/12
鍼灸師の年収はどれくらい?
https://jushin-career.jp/archives/6
鍼灸師になるには?
https://jushin-career.jp/archives/11