スポーツトレーナーを目指す!鍼灸師に必要なスキルを解説
(画像=mirahands/stock.adobe.com)

鍼灸師から「スポーツトレーナー」を目指す人は少なくありません。はり師・きゅう師の知識を活かすことができ、鍼灸師としてもステップアップできます。スポーツトレーナーの仕事内容を理解して、将来の目指す姿をイメージしてみましょう。

目次

  1. スポーツトレーナーって?仕事の内容を解説
  2. スポーツトレーナーに必要なスキルは?
  3. 鍼灸師からスポーツトレーナーになるには?
    1. スポーツ医学に関する知識とスキルを身に付ける
    2. 実践的な経験積み人脈を広げる
  4. 「スポーツ鍼灸」というジャンルも
  5. 幅広いスキルや知識を求められるスポーツトレーナー

スポーツトレーナーって?仕事の内容を解説

アスリートにとって、試合でベストなパフォーマンスを発揮する上で欠かせないのがスポーツトレーナーの存在。業務内容は多岐に渡り、トレーニングの指導、ケガの予防及び治療、トレーニングやリハビリのプログラム作成などスポーツをしている人を幅広くサポートできる職業です。

スポーツトレーナーと言っても、実はその種類はたくさん。ケガの対応や健康管理などを行う「アスレチックトレーナー」、ケガから復帰する選手をサポートする「フィジカルトレーナー」などいろいろな種類があります。

スポーツチームに所属して仕事をするケースやフィットネスジムにて会員のトレーニングのサポートを行うケースなど、働き方もさまざまです。自身のスポーツ経験がある人ならばそれを活かすことができ、鍼灸師としてだけではなく、よりスポーツに特化した業務に取り組むことができます。

スポーツトレーナーに必要なスキルは?

スポーツトレーナーは、スポーツをしている人のケガの回復や予防から、コンディショニング調整まで行うため、「このスキルさえあればいい」という単純な職業ではありません。では、スポーツトレーナーとして働くためにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。 スポーツトレーナーを目指す上で、公益社団法人日本スポーツ協会が認定している「アスレチックトレーナー」の資格を取得する人は少なくありません。この資格を取得すれば、アスリートがケガしてしまった際の対応方法やトレーニングの方法などの知識が身につきます。 その他には、民間資格である「IHTA認定メディカルトレーナー」などの資格を取得する人もいますが、これらの資格だけではケガの対処を行うことはできません。

ケガの応急処置なども行えるようになるには鍼灸師や柔道整復師などの国家資格を取得しておくことが必要です。

鍼灸師からスポーツトレーナーになるには?

鍼灸師からスポーツトレーナーを目指すなら、どうすればスポーツトレーナーになることができるのかを知っておかなければいけません。

スポーツ医学に関する知識とスキルを身に付ける

鍼灸師とスポーツトレーナーとは本来別の職業であるため、スポーツトレーナーになるために新たな知識とスキルを身につけなければいけません。 はり・きゅうの知識だけでも体のケアを行うことはできますが、大切なのは「スポーツ」のフィールドでその知識を存分に生かせるかどうか。スポーツ医学とは、スポーツによって起きたケガの治療や回復の手助けをする医学のことです。鍼灸の知識とスキルをスポーツトレーナーとして生かすためには、このスポーツ医学に関する勉強を行うことが大切だと言えます。/

実践的な経験積み人脈を広げる

スポーツトレーナーになる最初のステップとして、病院やクリニック、整骨院、整体院、鍼灸院などの施設に就職して、鍼灸師としての実践的な経験を積むのも手段です。場合によってはスポーツトレーナーとして、次のステージへとつながる人脈も広がっていきます。施設の中にはプロスポーツ選手と契約をするようなスポーツトレーナーが在籍している場合や、スポーツ選手を支援する取り組みをおこなっているところもあるので、経験を積みたい、また人脈を広げたいと考えるならば働く場所はしっかりとリサーチするようにしましょう。

「スポーツ鍼灸」というジャンルも

鍼灸師がスポーツトレーナーを目指す方法についてここまでご紹介してきましたが、実は「スポーツ鍼灸」というジャンルもあるのをご存知でしょうか? スポーツ鍼灸は、スポーツ選手が故障した際の治療やコンディション調整、疲労回復などに特化した鍼灸治療なので、鍼灸師の知識を活かしながら、よりスポーツに近い場所で活躍できます。 中には、トップ選手のトレーナーとして仕事をしている人も少なくありません。鍼灸の力でスポーツ選手を支えたいと考えている人にとっては、身につけるスキルとして一つの選択肢になるのではないでしょうか。

幅広いスキルや知識を求められるスポーツトレーナー

鍼灸師はスポーツトレーナーの業界でも注目を集めている職業です。ケガをしてしまった時だけでなく、常日頃からアスリートたちの体を支えてあげられるのがスポーツトレーナーの醍醐味です。 ただし求められるスキルや知識も幅広くなります。スポーツ業界に携わりたいと考える人は、それらをどのようにして身につけるかをしっかりと考える必要があります。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

【関連記事】
柔道整復師の年収はいくら?
https://jushin-career.jp/archives/5
柔道整復師の就職活動マニュアル
https://jushin-career.jp/archives/17
柔道整復師になるには?この1年でやるべきことを詳しく解説
https://jushin-career.jp/archives/12
鍼灸師の年収はどれくらい?
https://jushin-career.jp/archives/6
鍼灸師になるには?
https://jushin-career.jp/archives/11