スポーツトレーナーの種類を解説。柔道整復師・鍼灸師の資格を活かす方法
(画像=chachamal/stock.adobe.com)

柔道整復師や鍼灸師の資格を活かせる仕事に、スポーツトレーナーがあります。スポーツトレーナーにはいくつかの種類があり、活躍の場もさまざまです。仕事内容や就職に有利に働く資格も紹介するので、スポーツトレーナーを目指している人はぜひ参考にしてください。

目次

  1. スポーツトレーナーとは?
  2. さまざまな働き方がある。スポーツトレーナーの種類を解説
    1. アスレティックトレーナー
    2. メディカルトレーナー
    3. コンディショニングトレーナー
    4. ストレングストレーナー
    5. フィットネストレーナー
  3. 企業から医療機関まで。スポーツトレーナーが活躍する場所
    1. アスリート/スポーツチーム
    2. 企業
    3. スポーツジム/フィットネスクラブ
    4. 医療系施設
  4. 柔道整復師・鍼灸師がスポーツトレーナーを目指すなら
    1. JASA-AT
    2. JATAC-ATC
  5. 柔道整復師・鍼灸師の資格を活かして憧れの働き方を叶えよう

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーとは、スポーツをする人を指導する仕事です。たとえば、次のような仕事内容があります。

  • トレーニング指導
  • ケガの予防や応急処置
  • リハビリ指導
  • 栄養管理や生活指導などのコンディショニング
  • 鍼灸治療やマッサージ

スポーツトレーナーは国家資格ではないので、資格がなくても名乗ることはできます。しかし、実際に活躍するスポーツトレーナーの多くは、柔道整復師や鍼灸師の資格保有者です。

プロ野球のトレーナーにはアスレチックトレーナーの資格を持った方が多く、また、理学療法士など他の国家資格を持ったスポーツトレーナーもいます。柔道整復師や鍼灸師の資格を持ったスポーツトレーナーとの違いは、柔道整復師や鍼灸師の資格を取得していると、ケガをした際の外傷に対する治療処置ができます。一方、理学療法士は運動機能が低下した状態から物理的手段で改善をおこなうことを主な目的とします。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

さまざまな働き方がある。スポーツトレーナーの種類を解説

スポーツが好きな人にとって、「好き」を仕事に活かせるスポーツトレーナーは人気の働き方の1つです。しかしスポーツトレーナーにも役割の違いがあることを知らない人も多いのではないでしょうか。今回は種類や役割を解説します。自分に合った働き方を選びましょう。

アスレティックトレーナー

ケガ予防、健康管理、ケガをした場合の応急処置などを行うスポーツトレーナー。

ケガの程度を評価し、救急車を呼ぶなどの判断を下します。緊急の場合、脱臼や骨折などの応急処置を行うこともあります。そのため、柔道整復師の資格を存分に活かせます。

また、ケガの状態を医師に伝えたり、アスリートに診断結果をわかりやすく説明したりと、コミュニケーションスキルも求められる仕事です。

メディカルトレーナー

ケガをした人が復帰するためのリハビリのサポートをするスポーツトレーナー。

医師や理学療法士と連携し、リハビリプログラムを作成したり、リハビリの指導を行ったりします。リハビリ後のマッサージやストレッチをサポートすることもあります。日常生活のアドバイス、復帰に向けたトレーニングメニューの作成・指導なども行います。

メディカルトレーナーも、柔道整復師や鍼灸師の資格を活かしやすい仕事です。メディカルトレーナーはリハビリトレーナーと呼ばれることもあります。

コンディショニングトレーナー

選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるようサポートするスポーツトレーナー。

練習前や試合前にアスリートの体調を整えるアドバイスをしたり、ウォーミングアップをしたりします。練習後、試合後は、クールダウンをサポートします。また、栄養管理についての指導を行うこともあります。

フィジカルトレーナーと呼ばれることもあります。

ストレングストレーナー

パフォーマンス向上に向けて、トレーニングメニューを作成したり、トレーニングをサポートしたりするスポーツトレーナー。一般的に、プロのアスリートや実業団の選手をサポートするスポーツトレーナーのことをいいます。

アスリートの能力を分析し、どのようなメニューで強みを伸ばすか計画を立て、練習をサポートします。また、食事や生活習慣など、日常生活のアドバイスをすることもあります。

フィットネストレーナー

フィットネスクラブやスポーツジムで働くスポーツトレーナーをフィットネストレーナーと呼ぶことがあります。

フィットネスクラブやスポーツジムに来る人の年齢や性別、目的はさまざまです。フィットネストレーナーは、利用者の目的を踏まえ、目標達成に必要なメニューを作成します。また、マシンの使い方のレクチャー、スタジオのプログラムに沿ったレッスン、施設の管理なども担います。

企業から医療機関まで。スポーツトレーナーが活躍する場所

スポーツトレーナーの活躍の場所はたくさんあり、どの選択肢を選ぶかによって、やりがいや安定性、身につくスキルは変わってきます。続いて、スポーツトレーナーの活躍の場として、代表的な4つの選択肢を紹介します。柔道整復師や鍼灸師の資格を取得しても、いきなりスポーツトレーナーとして活躍するのは、実際はなかなか難しいのが現状です。経験を積んでスキルアップし、人脈を広げてキャリアを形成していきましょう。

アスリート/スポーツチーム

プロのアスリートやスポーツチームと契約して働く方法です。プロを間近でサポートできるという点で、やりがいも大きく、多くの人が憧れる仕事です。

一方で、競争率が高く、簡単にはプロ選手と契約を結ぶことはできません。また、年単位の契約になることも多く、なかなか仕事が安定しないのも特徴です。

アスリートやスポーツチームとの契約を目指すなら、しっかりと経験を積んでスキルアップする必要があります。

企業

正社員や契約社員として企業に入社し、実業団チームで働くという選択肢もあります。柔道整復師や鍼灸師の資格を持っていることは、書類選考や採用面接でも有利に働くでしょう。社会保険への加入や有給休暇など、企業に所属するからこそ得られる福利厚生が魅力です。

ただし、実業団チームも数が限られており、狭き門といわれています。また、整骨院などで働きながら週に数時間サポートに入るという方もいます。資格が有利に働くのは事実ですが、資格があれば安心というわけではありません。

スポーツジム/フィットネスクラブ

一般のスポーツジムやフィットネスクラブで、健康意識の高い人をサポートするという働き方もあります。ジムやクラブに直接雇用されるケース、派遣会社に所属してジムやクラブに派遣されるケースなど、働き方はさまざまです。

正社員になった場合、会社の規模によっては、エリアマネージャーを任されたり、経営に携われたりする機会もあります。現場のスキル以外に経営の勉強をしたいという人は、大手のジムやクラブを探してみるのもいいでしょう。

医療系施設

病院やクリニック、整骨院、整体院、鍼灸院などの医療系の施設で働くスポーツトレーナーさんもたくさんいます。柔道整復師や鍼灸師の資格を直接的に活かしながら、スポーツに取り組む患者さんに対して、専門家として適切なアドバイスや治療を施すことができるはずです。

また、アスリートやスポーツチームと契約するようなスポーツトレーナーを目指す場合は、最初のステップとして、現場でしか身につけられない知識や実践的なスキルを得ることができます。スキルアップして将来の活躍の幅を広げたいと考えている人にとって、是非検討したい選択肢でしょう。 その場合は、技術研修や講習を積極的に催している、また、事業としてスポーツトレーナーの育成に力を入れていて、現場と積極的に提携をおこなっている施設もあります。臨床経験を積める施設で経験値を上げるなど、自身のキャリアプランに合わせて選択することが重要です。

柔道整復師・鍼灸師がスポーツトレーナーを目指すなら

スポーツトレーナーの資格はありませんが、持っていると有利になる資格があります。続いては、スポーツトレーナーを目指す人が検討したい2つの資格を紹介します。

JASA-AT

公益財団法人日本スポーツ協会の資格。都道府県体育・スポーツ協会等の推薦など要件を満たした上で、700時間超の講習を受け、理論試験・実技試験に合格する必要があります。また、資格取得後も4年ごとに更新が必要です。

JATAC-ATC

NPO法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の資格。要件を満たした上で、講習を受けて単位を取得する必要があります。要件はいくつかあり、柔道整復師の資格も要件として認められます。その他、理学療法士の資格、スポーツ科学系コースの卒業なども、要件として認められます。認定後、5年ごとに更新が必要です。

柔道整復師・鍼灸師の資格を活かして憧れの働き方を叶えよう

スポーツトレーナーとして活躍したいなら、柔道整復師・鍼灸師などの国家資格の取得は欠かせません。 同時に、資格を取得するだけでなく、現場で活かせる知識を習得し、スキルを磨き続けることが大切です。将来的な独立・開業を視野に入れているなら、経営経験を積める規模の大きな企業で働くことを検討しましょう。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

【関連記事】
柔道整復師の年収はいくら?
https://jushin-career.jp/archives/5
柔道整復師の就職活動マニュアル
https://jushin-career.jp/archives/17
柔道整復師になるには?この1年でやるべきことを詳しく解説
https://jushin-career.jp/archives/12
鍼灸師の年収はどれくらい?
https://jushin-career.jp/archives/6
鍼灸師になるには?
https://jushin-career.jp/archives/11