アスレチックトレーナーとは?
(画像=DenisProduction.com /stock.adobe.com)

専門知識でアスリートをサポートするアスレチックトレーナー。この記事では、仕事内容や資格の種類、難易度をわかりやすく解説します。アスレチックトレーナーが活躍するシーンも紹介するので、医療系の資格を探している方、スポーツに携わる仕事をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. アスレチックトレーナーとは?
    1. アスレチックトレーナーの仕事内容
    2. スポーツトレーナーとの違い
  2. アスレチックトレーナーになるための国内2つの資格
    1. 日本スポーツ協会の「JSPO-AT(旧:JASA-AT)」
    2. ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「JATAC-ATC」
  3. アスレチックトレーナーの活躍の場
    1. アスリートやスポーツチームと専属契約する
    2. 実業団チームで働く
    3. スポーツジムやフィットネスクラブで働く
    4. 施術や医療に関する機関
  4. アスレチックトレーナーは専門知識を活かせる仕事

アスレチックトレーナーとは?

アスレチックトレーナーは、医療系の知識でアスリートをサポートします。まず、アスレチックトレーナーの仕事内容や、スポーツトレーナーとの違いについて解説します。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

アスレチックトレーナーの仕事内容

アスレチックトレーナーの仕事内容には、次のようなものがあります。

  • 体調管理
  • ケガ予防
  • 救急時の対処
  • リハビリ
  • トレーニング
  • コンディショニング

たとえば、競技中に水分補給をすすめたり、ケガ防止のためのテーピングを行ったりします。医療系の知識とあわせて、コミュニケーション力も求められる仕事といえるでしょう。

スポーツトレーナーとの違い

アスレチックトレーナーは、広い意味ではスポーツトレーナーに含まれます。

スポーツトレーナーとは一般的にアスリートをサポートする仕事のことを指し、フィジカルトレーナーやコンディショニングトレーナーなどさまざまな種類があります。

アスレチックトレーナーになるための国内2つの資格

アスレチックトレーナーには、国内では2つの民間資格があります。

アスレチックトレーナーを名乗る時、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、資格を取得することで効率的に知識を身につけられたり、採用で有利に働いたりすることもあります。専門性や信頼性も高まるでしょう。

難易度は高いですが、アスレチックトレーナーを目指しているなら資格取得を検討しましょう。

日本スポーツ協会の「JSPO-AT(旧:JASA-AT)」

公益財団法人日本スポーツ協会のアスレチックトレーナーの資格です。資格取得には、講習を受講し、検定試験を受ける必要があります。

講習を受講するには満20歳以上、都道府県体育・スポーツ協会等の推薦を受ける、などの要件があります。要件を満たしたら、共通科目150時間、専門科目600時間の講習を受けます。その後、理論試験と実技試験を受けます。講習の期間は10ヵ月です。

また、資格を取得した後も、4年ごとに更新が必要です。

ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「JATAC-ATC」

NPO法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会のアスレチックトレーナーの資格です。認定されるには講習を受けて単位を取得する必要があります。

また、講習を受けるだけではなく、柔道整復師や理学療法士等の資格を持っていること、もしくは2年制以上の専門学校等でスポーツ科学系のコースを卒業していることが要件です。

認定後には5年ごとに更新が必要です。

アスレチックトレーナーの活躍の場

資格取得を目指すなら将来的にどんなふうに働けるのかを知っておきたいですよね。アスレチックトレーナーの代表的な活躍の場を3つ紹介します。

アスリートやスポーツチームと専属契約する

アスレチックトレーナーというと、トップアスリートやスポーツチームと契約して働くことをイメージする人も多いのではないでしょうか。プロのアスリートをサポートするのは、やりがいのある仕事です。

ただし、専属契約は狭き門で、簡単に仕事が決まるとは限りません。仕事を得たいと思ったら、強みをアピールしたり、人脈作りをしたりすることが重要です。

専属契約の場合は、複数の契約を結んでかけもちすることも一般的です。また、1年など契約期間が決められており、結果によって契約が打ち切られることも。そのため、収入を安定させるのが難しいというデメリットもあります。

実業団チームで働く

実業団チームで働く場合、企業に正社員として雇用されることが一般的です。給与や福利厚生の面で安定するのがメリットといえるでしょう。

スポーツジムやフィットネスクラブで働く

スポーツジムやフィットネスクラブで利用者をサポートするという働き方もあります。この場合、スポーツジムやフィットネスクラブに雇用される形と、トレーナー専門の派遣会社に所属してスポーツジムやフィットネスクラブに赴くという形があります。

施術や医療に関する機関

その他にも、アスレチックトレーナーの活躍の場は広がりつつあります。たとえば、病院、整体院、鍼灸院、保健所、福祉施設などがあります。医療機関等で働く場合、柔道整復師など医療系の国家資格を持っていると有利です。また、現場で医療の知識に磨きをかけることで、よりスキルアップを図れるでしょう。

アスレチックトレーナーは専門知識を活かせる仕事

アスレチックトレーナーの資格取得は決して簡単とはいえません。しかし、専門知識を活かしてアスリートをサポートできるアスレチックトレーナーの仕事は、やりがいの大きな仕事です。アスレチックトレーナーの活躍の場は様々であり、自分でニーズを掘り起こして開拓していくことも可能です。

スポーツに携わる仕事がしたい、医療系の仕事に興味がある、という人はぜひ検討してみてください。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

【関連記事】
柔道整復師の年収はいくら?
https://jushin-career.jp/archives/5
柔道整復師の就職活動マニュアル
https://jushin-career.jp/archives/17
柔道整復師になるには?この1年でやるべきことを詳しく解説
https://jushin-career.jp/archives/12
鍼灸師の年収はどれくらい?
https://jushin-career.jp/archives/6
鍼灸師になるには?
https://jushin-career.jp/archives/11