柔道整復師になると「後悔する」ってホント?後悔する人の特徴と、後悔しないためのすべきことを紹介!
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

柔道整復師の国家資格をとるために300~700万円の費用をかけて学校に通い、晴れて国家試験にも合格し柔道整復師になったものの、後悔している人も少なくないようです。ではなぜ後悔が生まれてしまうのでしょうか。本記事では、憧れていた柔道整復師になったけど後悔しているという人の特徴や、後悔しないためにやって起きたことなどを紹介します。

目次

  1. 柔道整復師になって後悔する人の特徴3つ
  2. 柔道整復師になって後悔しないためにやっておきたい4つのこと
  3. まとめ:柔道整復師の資格があればさまざまな職に転職もできる!

柔道整復師になって後悔する人の特徴3つ

柔道整復師になったものの「後悔してしまっている」という人の特徴をまとめてみました。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

柔道整復師になって後悔する人の特徴1:柔道整復師の仕事が思っていた内容と違った

「柔道整復師は患者様に施術するのが仕事」というイメージの強すぎる人は後悔することが多いようです。柔道整復師の仕事は実際には施術以外にも、事務作業や清掃など、治療院の運営に欠かせない業務も多くあります。ただ施術に腕をふるっているだけではないという点で、実際の業務とのギャップを感じてしまうと後悔することになりかねません。

柔道整復師になって後悔する人の特徴2:患者様とコミュニケーションがうまく取れない