柔道整復師がモテる5つの要素と結婚できない3つの理由
(画像=milatas/stock.adobe.com)

柔道整復師を目指しているけど「出会いが少なく、婚期を逃してしまったらどうしよう」と思っていませんか?

たしかに柔道整復師は出会いの場が少ないようですが、モテる要素は豊富と思われます。柔道整復師がどこで相手と出会い、恋愛に発展しているのか、見ていきましょう。

目次

  1. 柔道整復師がモテる5つの要素
  2. 柔道整復師が結婚できない3つの理由
  3. 柔道整復師は職場恋愛が多い
  4. まとめ:柔道整復師は出会いが少ないものの、モテる要素は豊富

柔道整復師がモテる5つの要素

柔道整復師が、恋愛や結婚対象として人気がある理由を5つ、紹介します。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像

ケガをしたときにサポートしてもらえる

柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲といったケガを治療するスペシャリストです。体の痛みを和らげ、回復させるための技術を習得しています。

柔道整復師は「手に職」系の仕事です。そのため、職場に限らず自宅でも技術を発揮できるのが魅力です。恋人や結婚相手が柔道整復師なら「自分や家族がケガをしたときに心強い」と、思う人も多いでしょう。

失業するリスクが少ない

柔道整復師は国家試験に合格した人だけがなれる職業です。免許は有効期限がないため、一生使い続けられます。

厚生労働省が公表している「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によると、柔道整復師の施術所は年々増加傾向にあり、平成30年時点で5万77ヶ所となっています。

【参考】厚生労働省 平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況>就業あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師及び施術所(PDF)

また、日本人の高齢化が進んでいることから柔道整復師の資格者は介護施設においてもニーズが高まっています。柔道整復師の活躍の場が広がっているため、失業するリスクが少ない職業といえます。「くいっぱぐれのリスクが低い」ことはパートナーへのアピールポイントの1つになるでしょう。

開業することで高収入が期待できる

柔道整復師は、独立開業が認められている「開業権」のある国家資格です。柔道整復師としてはじめの就職先は、整骨院や接骨院が主になりますが、将来的には独立を目指している人も多いでしょう。

開業した地域で信頼を得られればリピート客が増えたり、施術所の数を増やしたりすることで、年収1,000万円以上を得ることも可能です。

お金がすべてではないものの「一定以上の経済力」を求める人は多いのではないでしょうか。独立開業し、自分の力で稼げている柔道整復師であれば、将来有望なパートナーとして人気を集めるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

柔道整復師は患部を見るだけではなく、患者様がどんな症状で悩んでいるのかを聞き出したうえで、適切な治療を行います。

患者様は子どもからお年寄りまで広い年齢層で、異性の場合もあります。また、なかには「話すのが苦手」「治療が怖い」という人もいるでしょう。そのため、柔道整復師はどんな患者様に対しても親身になって話を聞き、信頼関係を築くことを常に心がけています。

コミュニケーションの高さは「モテる」要素の1つです。患者様と日々接しコミュニケーションに長けている柔道整復師であれば、異性から「話しやすい」「相談に乗ってくれる」といった好印象を得られる可能性も高そうです。

勉強熱心な姿がかっこいい

柔道整復師は、スキルアップのために日々努力を積み重ねています。1人でも多くの患者様に貢献しようと仕事に取り組む姿や、スキルアップのために勉強を欠かさない職人的な姿は、魅力的にうつるのではないでしょうか。

柔道整復師が結婚できない3つの理由

柔道整復師がモテる要素は複数ありますが、一方で柔道整復師が結婚に向いていないといわれる理由もいくつか存在します。ここでは「柔道整復師が結婚できない」と思われる理由を3つ、説明します。

仕事の拘束時間が長い

柔道整復師の残業の多さや休日の日数は就職先の院によって異なります。完全週休2日制を導入しているところもありますが、週休1~2日制でシフト勤務を敷いている院も少なくありません。いずれにしても月に20~40時間程度の残業が発生しているところが多いようです。

また、治療院が土日・祝日も営業している場合は、平日が仕事のない日となります。「相手と休日が合わない」「婚活する時間が作れない」といった理由で、結婚につながらないケースもありそうです。

20~30代は収入が低い

国税庁が公表している「令和元年分民間給与実態統計調査 統計表」によると、日本人の平均給与は436万円です。柔道整復師の年収は300~400万円のため、平均よりも下回っていることがわかります。

【参考】国税庁 標本調査結果>民間給与実態統計調査結果

ただ、キャリアを積んで院長やエリアマネージャーなどの役職に就けば、600~700万円への昇給も可能です。しかし役職に就くのが難しい20~30代の年収は、平均並みか平均を下回ることもあります。

20~30代は恋愛や婚活をがんばりたい時期ですが、収入面を気にして積極的になれず、結婚が遠のいてしまうこともあるでしょう。

仕事に注力しすぎて婚活が後回しになってしまう

柔道整復師の仕事は、ケガを負った患者様の痛みを和らげ、癒しを与えることです。直接感謝の気持ちを伝えてもらえることも多く、とてもやりがいを感じます。

ただ、「患者様を治してあげたい」と仕事に専念するあまり、自分のことが後回しになってしまう人もいるでしょう。また、若いうちはスキルアップのための勉強会などに熱心に参加する柔道整復師が多いようです。柔道整復師としての成長や患者様の役に立つことに熱心になりすぎ、気づいたらアラサー、というパターンも多いようです。

柔道整復師は職場恋愛が多い

柔道整復師の出会いの場で、特に多いのが職場です。

柔道整復師は仕事の拘束時間が長く、プライベートの時間を確保するのが難しいときもあります。しかしそのぶん、職場の同僚と過ごす時間は長くなります。一緒に働くうちに、仕事への姿勢や人柄に惹かれて恋愛に発展するケースが多いようです。

同業なら仕事の理解を得やすいうえに、将来は共に独立できるかもしれません。夢を語ったり一緒に勉強したりできるため、お互いに刺激し合いながら楽しく過ごせそうです。同僚が多い、という点では、就職先に大手グループ院を選ぶのも、出会いにおいては有利とといえるかもしれません。

まとめ:柔道整復師は出会いが少ないものの、モテる要素は豊富

柔道整復師は国家資格であることや、ニーズの高まりによる失業リスクの少なさなど、モテる要素はたくさんあります。一方で、若いときは収入が低く、拘束時間が長い傾向にあるため、出会いの場が少ないといえます。

「結婚できないかもしれない」という不安はあるかもしれませんが、モテる要素が豊富ということは、それだけ柔道整復師の仕事は魅力的ということでもあります。ぜひ前向きな気持ちで柔道整復師を目指しましょう。

国試完全ガイド、就職活動、転職の極意などe-Bookを無料プレゼントを伝えるためのバナー画像